東京で墓じまいが増えている理由

  • 東京で墓じまいが増えている理由

    • 墓じまいとは、少子高齢化によって、墓守をする後継ぎがいないといった理由によって、先祖代々続くお墓を除去して、永代供養の合葬墓に移したり、散骨してお墓を処分することをいいます。


      東京でも少子高齢化が進み、墓じまいをする人が増えています。

      墓じまいをする理由には、お墓の重荷を子供や孫に負わせたくないといった、金銭的な理由から選ぶ人も少なくありません。
      東京で墓じまいをする時の流れは、まず墓地の管理者に連絡をして、廃墓の了承を得ることが大切です。

      東京の墓じまいの口コミや評判を紹介しています。

      その後、魂抜きを行い、遺骨を取り出してお墓の閉眼供養、墓地や墓石の解体・撤去を行って、更地にして返却します。
      お墓の中には必ず遺骨がありますから、手続きを行う前に必ず遺骨をどうするのかを決めておくことが大切です。


      ほとんどの人は、納骨堂に移して永代供養してもらったり、散骨していますが、納骨堂などはお墓と同じように維持費がかかりますから、費用の面で墓じまいを検討している人の場合は、注意が必要です。永代供養や散骨の場合、管理費や維持費は発生しませんから、できるだけ費用をかけたくないという人にはおすすめです。

      Yahoo!知恵袋に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

      納骨堂は近年人気となっていて、東京などの都市部では、ロッカー式の納骨堂が急増しています。

      話題になっている横浜の医療脱毛の情報が必ずあります。

      ほとんどが駅から近く立地もよいので、お墓参りが気軽に行え、雑草なども生える心配はありませんから、遠くにお墓があってなかなかお墓参りができない人には、廃墓して近くの納骨堂に移すというのも一つの選択肢といえます。

  • 最新情報

    • 少し前までは先祖から代々お墓を受け継いでいくことは当たり前のこととして認識されていました。もちろん今でも大半の人々がそのような認識をしていますが、その一方でお墓を持たない供養へ転換したいと考える人も増えてきました。...

  • 1から学ぶ行事

    • 近年では社会環境の変化から墓じまいを行う家庭が増えています。もちろん東京も例外でなく、お墓を解体や撤去する人が増加しています。...

  • 行事の補足説明

    • 多くの人はお盆やお彼岸にお墓参りに行ったことがあります。先祖代々が眠るお墓を綺麗に掃除し、お供え物を並べ、手を合わせて近況を報告することはとても大切なことだと言えます。...

  • 注目情報

    • 墓じまいは、自分以降の後継者がいないため先祖代々のお墓が無縁墓になるのを避けるといった考え方や、高齢となりお墓参りが困難になったなどの理由で、お墓を「終い」にすることです。納骨されていた遺骨を引き取り、墓石を撤去のうえ墓地区画を寺院や霊園施設に返却します。...

top